一般葬儀と家族葬それぞれの特徴

お葬式という儀式全体でみれば、一般葬儀と家族素は基本的に、同じ一連の流れに沿って進行される宗教儀式です。多くの方々はその規模の大きさの違いと、それに比例する費用面の違いに意識が向きがちですが、さらにもう1歩踏み込んで相違点を確認することが、各々の特徴や注意点の理解につながります。

家族葬では結果的に省略されることになりますが、まずは通夜から葬儀の流れの中、参列者をお迎えする故人の家族の負担が軽減される特徴があげられます。一般葬儀では故人の逝去を知った方々が、どのタイミングで通夜に弔問されるのか、家族側には予測できません。結果長時間ひたすら頭を下げ、ご足労のお礼を繰り返さねばならず、心身の負担が避けられません。対して家族葬であれば、自分達が選択してお声がけした弔問者だけでの故人のお見送りとなります。比較すれば格段にゆったりと、故人を偲ぶ時間の確保が可能です。

次に葬儀当日に関しても、より多くの一般参列者すなわち、故人の知人や友人、仕事関係者、近所の方々の焼香に、それなりの時間を要します。弔事や弔電の紹介、喪主の挨拶や閉式の言葉など、省略可能な部分は基本的に見当たりません。事前に香典や供花のご辞退の旨を伝えていたとしても、結局準備してこられた参列者との受け取る受け取らないでの問答など、付随的に発生が避けられぬ状況への対応も想定されるのが一般葬儀です。こうした繊細な部分も家族葬であれば、当事者間での話し合いから、双方が納得できる結論を導きだせることでしょう。

また式場の規模に準じた設営など、お葬式に要する費用は参列者の人数が大きく影響します。一般葬儀の場合、お葬式をとり行う側が読んだ数字プラスアルファが生じる可能性が見過ごせません。思わぬ弔問者や参列者の来訪や、遠方からの親族へのフォローなど、結果的に総費用が予定以上に膨らんでしまう展開が珍しくありません。一方家族葬の場合、当初の見積金額を大きく上回る予算オーバーとなるリスクは、一般葬儀と比較して小さいと言えるでしょう。