一般葬儀と家族葬を比較してみる

近年多くのご家族が選択される家族葬ですが、全ての方々がその特徴やメリット、デメリットを正しく理解されての選択とは言いきれません。核家族化が進み、ご近所づきあいなど周囲の人達との距離感も一昔前とは大きな変化を見せる中、旧来の一般葬儀とは違う、よりコンパクトなイメージの家族葬を迷わず選択されるご家族は少なくありません。それだけ世の中と私達のライフスタイルの変化にフィットした葬儀スタイルであり、家族葬のニーズが高まっている要因と考えられますが、はたして一般葬儀と何が違うのかなど、より深い関連知識に基づく選択となると、全ての方々がその限りではないと推察されます。

多くの家庭で葬儀をとり行う場合、葬儀業者の担当者に一連の流れ全てを委ねる形で、通夜から葬儀そして初七日までを終えるケースが大半です。喪主や親族はその都度指示と説明を受けながら、それらに従って遺族としての責務を果たしていけば、確かに表面上の失礼や問題は回避できるでしょう。ですがその前の段階、すなわちどのような葬儀をとり行うのか、家族葬を選択するのか、一般葬儀や密葬など他を選ぶのかの最終決定は、あくまで自分達で下さねばなりません。ここで必要となるのが正しい関連知識であり、たとえば小規模だから費用面の軽減が期待できそうだなと、メリットだけを点で捉えての安易な選択に及んでしまった場合、後々後悔につながってしまうリスクがあります。

家族葬の選択に際しては、故人の希望だけでなく、生前の故人の社会的な立ち位置や、残された自分達家族と、親族や周囲の接点のある方々との今後の関係など、要着目点が少なくありません。たとえば葬儀への参列のお声掛けがなされなかったことがキッカケで、ご家族との人間関係が悪化してしまう事例は少なくありません。参列者を限定するスタイルは、費用面の軽減を含めた、遺族と親族側にとってのメリットが期待される反面、誰と誰に声をかけるのか、その判断が難しく、小さな誤解がトラブルにつながるリスクが否めません。特にご近所付き合いや故人の仕事関連の人間関係など、思わぬマイナスの影響が生じる可能性を含め、総合的な判断が求められるのも、家族葬という選択肢です。

こうした判断に際しては、一般葬儀と家族葬の相違点を正しく捉え、総合的に見てどちらを選択すべきなのかを、早い段階から見極めておく準備が大切です。参列者として葬儀に参加する側と、喪主としてあるいは遺族として故人を見送る立ち位置とでは、踏まえておくべきポイントも大きく異なります。

NEW TOPICS

2018年06月14日
ホームページを更新しました。